HOME > コンテンツページ

電気料金の仕組み

   電気料金は基本料金と電力量の合計で決まります。



電気料金が上がるとき

電力量が増えれば電気代が増えるのは当然ですが、基本料金が上がってしまうケースもあります。

デマンド値とは、「30分間における平均使用電力:kW(稼働負荷の平均容量)」を言い、
このデマンド値が以前から使っていた基本料金の電力量よりも多く電力を使ってしまうと、デマンド値が更新されて、基本料金が上がってしまいます。一度あがった基本料金は1年間変わることはありません。
  反対に言うとデマンド値が更新されないように一度に負荷がかかるのを避ける必要があります。
 

デマンド値が更新されないために

  一度に負荷をかけないというのが大前提です。
  電力の見える化をして電力量をセーブしましょう。
  エマネージのページへ

▲ページトップに戻る