デマンドコントロール

節電対策に有効なデマンドコントロールシステム。

電力の最大値を抑制することで基本料金の低減を推し進めます。
あらかじめ設定した目標値を超えそうな時に、アラームや警報で通知し、電気機器の制御をします。

電力は30分ごとに計測されて、そのうち月間でもっとも大きい値によって基本料金が決まってきます。
この最大値を下げることが有効になります。

デマンド装置としては手動、自動、いろいろなものがあります。
手動タイプでは、あらかじめ設定した目標値を超えそうになった時警報を鳴らしてお知らせし、制御は手動で需要家さん自らが行います。

自動制御タイプでは、それぞれの電気機器に優先順位をつけてあらかじめ設定した目標を超えそうなときには、優先順位の順番で制御しますので、わずらわしさがありません。
制御の対象となるのは、空調や給湯がもっとも効果的と思われます。



ある会社の年間の電気使用量のグラフです。最大需要値が赤丸、最小需要月が青丸です。
最大需要月と最小需要月の差は主に空調を使っている電力量と考えられます。
概算にはなりますが、この場合ですと、
   72−39=33Kw
   約30kW分がデマンド制御機能を活用して抑制できると考えられます。


費用を抑えてデマンド

デマンドシステムが良いのはわかるけれども、費用も決して安いものではありません。

そこで、費用は抑えたいけれども見える化、省エネには興味がある、という方には
多回路エネルギーモニターの設置をお勧めします。
データの内容はSDカードのみでしか見られませんが、まず第一歩として電力の分析には役立ちます。
そこから電力量の多い設備を改修することを目指してみるのも良いと思います。



当社ではパナソニックのエマネージという自動制御システムの施工登録店にもなっており、さまざまな省エネのご相談にお答えいたします。





お問い合わせについて

電話番号03-3390-9585  FAX03-3301-0644
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ